くるみ割り人形

 
公演報告
            明けましておめでとうございます

           今年もどうぞよろしくお願いいたします


忙しく過ごしている間に新年になってしまいました!!
柊舎の2010年は『くるみ割り人形』の公演で終了しました。

12月11日、12日は井上バレエ団の公演として、
クリスマスイブの24日は「リソー教育」の主催で、
『くるみ割人形』が行われました。

井上バレエ団では20年以上毎年12月に「くるみ割り人形」を行ってきましたので、
ピーター・ファーマーデザインの全幕衣裳は、
初期の古いものから新しいものまで何組もの衣裳がそろっています。

出場者と配役は毎年変わりますから、ダンサーに合わせたサイズ直しとメインテナンスは
私達の大きな仕事です。
新しい衣裳はもちろん綺麗ですが、手間をかけて作られている使い込まれた古い衣裳を、
いろいろ考えて、輝きを取り戻させて舞台に復帰させるのも私達の喜びのひとつです。


ここではバレエ団本公演のある日をご紹介します。

          
               <ロビーに衣裳も飾って開演待ち>

バックステージでは
クララ、お友達、ねずみの王様、兵隊達・・・・・
出演者が衣裳を着けて開演の準備中。



   クララ   クララのお友達 
             <クララ>

兵隊

              <兵隊達>



ねずみの王様

<貫禄のあるねずみの王様を作るために装備付けを手伝うAさん。
  舞台上での戦いの間に着崩れないようにしっかり止めなくては!>





今回の王子役のゲストはアメリカン・バレエ・シアターからカルロス・ロペスさんを
お迎えしました。
井上バレエ団の「くるみ」」の王子は
1幕2場は白、2幕のグラン・パ・ドゥ・ドゥでは薄いピンクの衣裳を着ます。
カルロスさんは既存の柊舎の衣裳でも少しのお直しで綺麗に着ていただけました。
踊りはもちろん、マイムが大変分かり易く魅力的でした。





この日の金平糖は宮崎マオリさん。
後ろをしっかり止めて動きやすく。
準備はOKです!




こうして無事に公演は終了しました。

今年もスタッフ一同、衣装達との毎日を過ごしていきます。
よろしくお願いします。





 







関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

公式ホームページ

柊舎公式ホームページ

categories

selected entries

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

archives

profile

search this site.

links

    

なかのひと

others